地震保険は「地震保険比較」を参考に選ぼう

今の日本は、いつ巨大地震が来てもおかしくはないといわれています。
2年前の大きな地震以来、日本全国の地震活動が活発になったといわれています。

2年前の地震を経て、地震保険に加入する人も増えたと聞きました。
やはり、地震を防ぐことはできなくても、地震に対する備えはできるだけしておこうと思っている人が多いのだと思います。
火災保険に比べ、加入件数がまだまだ低い地震保険ですが、それでも加入する人が多くなったのは、地震を身近に感じる人が多くなったからでしょう。

でも、地震保険って、どうしたら入れるのでしょうか。
http://xhtmlfriends.net/
そして、加入するなら、どの地震保険に加入すればよいのか、分かりますか?

そんな地震保険について、よく分かるのがこちら → ★★★ こちらのサイト ★★★ 地震に対する備え「地震保険比較」です。

「地震保険比較」では、地震保険の保障内容や地震保険の金額、地震保険や火災保険の選び方について学ぶことができます。
また、地震保険の問題点や地震保険の成り立ちについても書かれています。
地震保険の背景や特徴が分かるので読んでいても楽しいです。

様々な地震保険の具体的な比較をしています。
それぞれの特徴や注意点が書かれていますので、地震保険を決める前に読んでおくと参考になると思います。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

三井住友信託銀行で外貨預金を始めよう

「外貨預金」とは、文字通り外貨で預金することですが、日本円でするより、どういいのかはよくわかりません。
http://www.smtb.jp/personal/saving/foreign/
その疑問に答えてくれるのがhttp://www.smtb.jp/personal/saving/foreign/です。
こちらは見ての通り、三井住友信託銀行の外貨預金のページ。現在、金利は米ドルだと0.50%、豪ドルだと2.30%です。

さて、外貨預金のなんたるかを少し勉強してみましょう。外貨預金は投資者の資産を海外の金利が高い通貨で預かることによって、円の預金の金利に比べて高利回りが期待できるものです。
ただし、外国為替相場の変動などにより、元本割れのリスクや取引時の手数料などがかかります。
こちらのサイトでは外貨預金のしくみを詳しく、しかもわかりやすく解説してくれています。外貨預金と円預金の最大の違いは元本保証がされていないということ。

市場での低金利が大変長く続いています。金利収入による資産増は日に日に難しくなっています。職がなく、預貯金を取り崩している人も現在では多い状況です。そんな中、手元にあるお金は結構簡単に減ってしまいます。このような資産運用でその虎の子が減るのを軽減することも可能です。
日本人の平均寿命はますます長くなり、老後の問題も出てきます。特に女性の方が長生きしますから、「奥さんが一人になってからの期間」の準備も重要になってきます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

これが、生命保険の見直しポイント!

日本で生命保険に加入している方はとても多いそうです。
が、社会人になったので、なんとなく加入した、結婚したので加入した、という方が多く、あまり内容を吟味したり、他社の生命保険と比較してから加入した、という方は少ないのだそうです。

良く考えて加入した方も、あまり検討しないで加入した方も、ちょっと生命保険について、見直してみませんか?

生命保険は万一、病気になってしまった場合の治療費や、治療中、仕事を休まなければならなくなった時のために備えて入ることが多いと思います。が、いま現在、加入中の生命保険について、保障内容や規定などを細かくご存知でしょうか?
せっかくの生命保険、安心を得るためには、内容をしっかりと把握しておくことが大切です。

こちらの「生命保険を見直そう!~安心できるこれからの生活のために~」では、生命保険についての基本的な事柄を説明したうえで、保険を見直すポイントについて、分かりやすく説明しています。

見直すポイントは、「保証額」「保険機関」「保険料」「保険料払い込み期間」「解約返金」「受取人と被保険者」「生命保険の種類」「生命保険の死亡保障額」の8点です。
この8点について、それぞれを解説したうえで、どのように見直せばいいのかを指摘しています。また、それらを踏まえたうえで、生命保険の上手な選び方についても言及していますから、解説に従って一つ一つを見直してみてはいかがでしょう。
思いがけず、加入している保険はとても優れた、ご家庭に最適な生命保険かもしれませんし、反対に、見直さなければならない点が多々あるかもしれません。

いざというときに慌てたり、後悔することのないよう、しっかりと見直しておくことをおすすめします。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments